まいどです!

沖堤防や沖磯に渡る時、ロッドにキズが付かないようにロッドケースを使う方が多いと思います。

自分は『MCワークス ロッドキャリー1』を使ってるんですが、コイツは素材がソフトでして、キズ予防には良いんですが衝撃に対してはほぼノーガード状態!(笑)

ブログ内リンク⇨【タックルインプレ】MCワークス・ロッドキャリー1


軽くていいんですが、どうしても硬めのセミハード素材のモノが欲しくてコイツを購入しました。

『RBB(双進)ロッドケースL』
2016073114060000

まだ1回も使っていませんが、わざわざ使いこなさないとわからないモンでもありませんので、早速ですがインプレしたいと思います!

まずは肝心の硬さ
セミハードというだけあって、少しの衝撃ぐらいなら問題ない感じですね。

ただ、体重を掛けて踏んだりとか、重いクーラーボックスの下に敷いたりとかはNGな感じです。釣具屋で売ってる他社製品のセミハードと同じぐらいだと思ってください。

ちょっとした沖堤防・沖磯の渡船に使うのならまったく問題ないでしょう!さすがに飛行機利用の長期遠征・海外遠征には厳しいとは思いますが・・・

寸法はW16cm×D5cm×H195cmとかなり大きいです。
メーカー記載では12ftまでのロッドが収納可能との事で、所有のワイルドブレーカー106R(仕舞寸法166cm/グリップ側を自己計測)もすっぽり入り、内寸でまだ25cmぐらい余る感じです♪
2016073114090000

2016073114100000

ロッドは4本収納可能とのことですが、その為に真ん中にソフト素材の仕切りがあり、ティップ側にマジックテープのバンド、グリップ側にもバンドが付いています。真ん中の仕切りを境にそれぞれ片側に2本ずつ収納できる仕様になっています。
2016073114080000

2016073114080001

ショルダーベルトはありませんが、取っ手は付いてます!
2016073114070000

なかなか使い勝手も良さそうで購入して満足な商品なんですが、このLサイズは長さが195cmもあるので現物は想像よりけっこうデカい!

Mサイズなら165cmと、持ち運びし易そうなサイズなんですが、9.6ftまでしか収納できないんですよね。

ショアジギングロッドは10ftが多いので、ショアジギングをやる人はLサイズを選ばざるを得ません・・・ここが唯一の欠点ですかね?

それ以外はデザインもシンプルで収納もバッチリ!

所有ロッドの長さに合わせて選んでみて下さい。



【ご案内】
↓↓↓世界最大の釣り用品専門ネットショップ↓↓↓

アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】
↓↓↓『釣りビジョン』ならスカパーで!!↓↓↓
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込



TOPへ戻る

トラックバック