2016052700360000
まいどです!
最近は青物ネタばかりが続きますが、入門講座の青物編スタートです!

どの釣りもそうですが、友人や知り合いに経験者がいれば新しい釣りを始めるのはそんなに難しい事じゃありません。

が、周りに経験者が居ない場合は何から始めればいいのか、何を用意すればいいのか?
いつどこに行けばいいのか?わからない事ばかりです・・・

「興味はあるけどわからないから見送っている・・・」

そんな人の為のこの企画!
手取り足取り、イチから解説していきますよ~。

熟練の青物アングラーからすれば(もしかしたら間違いも含めて)『鼻で笑っちゃう様なコト』も書きますが、寛大な心で見逃して頂けたら幸いでございます。(笑)

【注意!】
・便宜上、『ショアジギング』と呼んでいますが、自分の場合は正確には『ショアプラッキング』がほとんどです。

・ジグは今後勉強していくつもりですが、まだまだ『うんちく』を語れるレベルではありませんので、ジグの操作等については省略するかもしれません。


ショアジギングとは

ショア(岸)からジグまたはプラグ(主にトップウォータープラグ)で回遊魚を狙う釣りの事です。

ターゲットは主にハマチ系(ワカナ・ヤズ・メジロ・ブリなど)とカンパチ(シオ・ネイリ)、ヒラマサなどの青物御三家と呼ばれる魚達。それとシイラやサバ・サゴシ(サワラ)・カツオ類や根魚など多岐に亘ります。

日本全国、時期や場所によって回遊してくる魚種は様々です。
これら回遊魚を対象に岸から狙う釣りを大きくまとめた呼び方として
『ショアジギング』と呼んでいます。


ショアジギングの分類

ショアジギングを始めたいと思った時、まず思い浮かぶのはタックルや各種必要小物類を揃える事だと思います。

しかし、それはちょっと待って下さい!
タックルを揃える前にやらなければならない事や知っておきたい知識ってもんが当然あります。

例えば雷魚なら雷魚の標準タックル、アジングならアジングの標準タックルという基準があり、それぞれ初心者なら“これぐらいのスペックを買っといたら良いよ!”っていう目安がありますが、ショアジギングの場合はもう一歩踏み込んだ考え方をしなければいけません。

まず、『ショアジギング』と言っても大雑把ですが、『ライトショアジギング』『ショアジギング』の2つに分類できます。

【ライトショアジギング】
ジグなら10g台から40gぐらいまでを使用、比較的ライトスペックなタックルで小型青物を狙う釣り

【ショアジギング】
ジグなら60gぐらいから100g超(MAX150gぐらい?)を使用、磯や沖堤防などで大型青物を狙う釣り

これを踏まえた上で、自分がこれから通うであろうポイントに適したタックルを選ぶのが正解です。(基準が2つあるという事です)

まずは自分が通うポイントと、そのポイントで狙える魚種とサイズ、これを調べましょう。

これが最初の一歩となります。


ショアジギングのポイント

ではショアジギングのポイントとはどんなトコロなんでしょうか?
基本的には外洋に面していて、潮通しの良い場所に青物は回遊してきます。

・地磯
・沖磯
・堤防(漁港)
・サーフ
主にこの4種類になろうかと思います。

自分が通えそうなところで上記のような場所はありませんか?
そういった場所が近くにあり、その場所が特定できるのなら、後は自分が釣りたい魚種やサイズが狙えるのか?調べてみましょう!
※この場合、誰でも知ってる超メジャーポイントでも構いませんよ!

逆に、釣りたい魚種が狙えなければ何が狙えるのか?雑誌やネット等なんでも構いません。とにかくそのポイントを徹底的に調べて下さい。

そうすると必ず回遊してくる(狙える)魚種や時期といった情報が出てくるはずです。

『釣りをする場所と狙える魚種』
これを定める事によって、初めて必要な装備や小物・タックルを絞る事ができます。

このように、まずはポイント選びから考えていく方法を推奨します。

逆に釣りたい魚種が決まっている場合、その魚種が狙える場所で選ぶのももちろんアリです。
その場合、その魚種(そのサイズ)が狙える最も近い場所を探す事から始めましょう!

次回に続く!




TOPへ戻る

トラックバック