2016051506460000
さてさて、片島港でTさんと別れ「どうするか?」と悩む・・・

実は保険でアジングタックルも持ってきてまして、当初の予定は愛南・宇和島方面でアジングを満喫!
で、愛媛県経由で帰宅する予定。


だったんですが、想像以上に疲労が濃く、体力的にも精神的にも相当キツイ・・・
どうしてもこのまま夜にアジングして、遠回りの愛媛県経由で帰る気力が沸かない・・・
しかし、このまま“すごすご”と帰るのは釈然としないし・・・

しばらく考えて1つの案が浮かんだ釣道氏。

「とりあえず高知市内まで向かう事にしよう」

途中、眠気に耐えられず道の駅で昼寝をし、高知市内へ向けてGO!

19:00頃におひさしぶりの高知市内に到着しました。
ここで最初の目的、どうしても食べたかった宮本屋へ・・・
2016051419330000

あいかわらず「まいうーです!」
普通にラーメン食べて満足!学食レベルのくそラーメンばっかりの香川ではこんなおいしいラーメン食べれません!

で、どうするか?
悩んだ末、思いついた案を実行することに!

ほんとなら浦戸湾のアカメポイントでも様子見して、撮影でもしようかと思ってましたが、しんどいので次の機会にする事に・・・

浦戸湾に別れを告げ、さらに東へ約80km

ブリ回遊情報がある『室戸岬漁港』に23:00頃到着!(笑)

さて、離岸堤に渡るか?白灯台(漁港堤防)でやるか?
沖の島でお金使っちゃったし、しんどいので自分の気分ですぐに帰れる白灯台でやる事に決め、車中泊で就寝



zzz...んがっ!

体も重く、疲れてるのに何故か目覚ましより早い3:30に起床!(笑)
いそいそと準備をし、久しぶりの室戸岬漁港へ

イルカが居る『室戸ドルフィンセンター』横から堤防の根元へ、
で、この階段をあがり釣り場へ向かいます。
2016051506580000

相変わらずでけーテトラだ・・・瀬戸内海のとはスケールが違うね!
2016051506230000

先端付近に行きやすい場所にエントリーし、キャスト開始!

離岸堤と違い、こっちは潮がゆるゆる・・・

いつもは離岸堤派なんでこっちはホンとに久しぶりなんですが、ベイトもいねぇ・・・

潮目もない・・・

期待の朝イチはどうやら不発か?
どうにも重い体にムチを入れ、キャストを繰り返す・・・

そして干潮の7:30を過ぎ、潮が反転したころにようやく目の前にベイトの群れが回って来た!

潮目もいい感じに30m先ぐらいにできて「いつ来てもいいだろ」って雰囲気なのにまったくでない・・・

と思ってたら潮目付近で単発ボイル、その後も20分に1回ぐらいで単発ボイルが起こりますが、誰の竿も曲がらない・・・
この時、8~9名ぐらいのアングラーが居ましたが全員ノーバイト!

自分はほぼあきらめムードで休憩しまくり・・・(笑)
ぼ~っと周りを見学してたら、左側2つとなりぐらいの若いアングラーが操るトッププラグに何者かがアタック!

『ズバ!』っとアタックから
『パシュ』っと表層を横走りしてすぐ外れたみたい・・・

なんかハマチっぽくないな・・・?
魚はわかりませんでしたが、なんとなくシイラっぽかったような???
まぁ、わかんね~っす。

単発ボイルはたまにありますが、白灯台は全然ダメ・・・
「そろそろ帰ろうかな」と思ってたら、右のお隣さんに待望のヒット!

すぐ近くの方がギャフでランディング、あがってきた魚が遠目に見て「青物?」って感じ。

ハマチにしちゃあ色が薄いし、カンパチとは色が違うし・・・何だろうと見に行くと、青い鯉みたいな魚が転がってる・・・

釣り上げた方に聞くと『アオチビキ』って魚種らしい・・・
aotibiki
画像・リンク:市場魚介類図鑑

「へぇー初めて見たよアオチビキ」、釣られた方も言ってましたがあんまり見た目は旨くなさそう・・・
でも高級魚でうまいらしいです・・・ほう。

で、その後もドラマが起こる事もなく、ここ室戸岬漁港でもノーバイトを達成!
まさにコレ↓
20150702_miyazakiaoi_30-300x242

はぁ~疲れた・・・
ぐでぐでになりながら10:00頃に室戸を後にしましたとさ・・・


まとめ

前日の沖の島もそうですが、やっぱり青物は釣果情報→即行動
が絶対条件!

自分みたいに「休みが1日しかないから遠征はかったるい」とか言ってるのはアホです。
素直に先週行ってりゃ、ちょっとは違う結果になってたのに・・・
(´;ω;`)

魚こそ獲れませんでしたが、沖の島ではTさんに勉強させてもらい、ジグの必要性も考えるようになりましたね。←気づくの遅いっすね・・・
※Tさんはジギングがメインらしいので、ジグ操作が素晴らしかったです。

トップが好きでジグ(アンダーの釣り)が嫌いってのもありますが、ジグ操作に苦手意識が強くて避けておりました。これからはちょっと真面目にジグも使ってみようかな・・・

沖磯は船頭さん次第・降りる磯次第で釣果に差がでますが、今回Tさんとは同じ磯・・・
要は魚を獲る力・自力の差がでてしまった感じ・・・
ジグという手段(引き出し)がない自分との差を感じてしまいました。

偉そうに言ってアレですが、隣のアングラーに差を付けられたのは久しぶりの経験。

やっぱりこういう経験も必要ですね。じゃないと成長できませんので・・・

しかし、今年の青物は不安を感じる・・・
悪夢の2014年シーズン(安戸池で7回行ってハマチ2本、室戸でハマチを1本釣ったのみ・・・佐田岬は20回以上行って全ぼうずでした・・・)
が繰り返されなければいいんですが・・・

というわけで、2016年高知県ショア青物遠征釣行でした。
乙!




TOPへ戻る

トラックバック