2016042722420003
まいど!釣道です。

四国は高知県で狙える日本三大怪魚の一角、『アカメ』
このGWに遠征計画を立ててるアングラーも多いのではないでしょうか?

このアカメという魚。
ネットの普及により、普通に狙って獲れるターゲットであると広く知られる様になりましたが、アカメ未経験のアングラーにとっては謎な部分も多い魚です。

そんなアカメ釣りに挑戦したいというアングラーの為に、道標としてHowTo記事を綴りたいと思います。

【ブログ内関連記事リンク】
【高知県浦戸湾】アカメの釣り方・狙い方part2/シーズンと釣りパターン
【高知県浦戸湾】アカメの釣り方・狙い方


アカメ釣りを語る前に・・・

今さらですが、一応記しておきます・・・
偉そうにHowTo記事を書いていますが、個人的にはアカメを2匹しか釣った事がありません。( -д-)ノ

1シーズン・数回の釣行で2匹なんで、確率で言うと決して悪くはないんですが、堂々とアカメと言えるサイズではないんです・・・(泣)

1匹目が60cm、2匹目が35cmぐらい・・・(´;ω;`)
なので、なんとか堂々とアカメと呼べるサイズを今年こそ釣り上げたいと思っています。

去年はアカメどころか、シーズン真っ盛りの佐田岬にすら行けないぐらい身の回りでゴタゴタがあり、釣りができる状態じゃなかったんですが今年はやりますよ~!

香川から高知まで高速で1時間ちょっと。
その為のロッドも購入しましたし、今年は釣り運ありそうなんでガチで狙うつもりです!


アカメ釣りの準備物、コレあったほうがいいよ

浦戸湾でアカメを釣るのにタックル以外で準備しておいた方がいいよってものを解説しておきます。

【ウエーダー】
浦戸湾の流入河川で釣りをする場合の必需品です。
流入河川は、ほぼ両岸に歩いて釣りができる護岸があり、釣りがし易いポイントが多数にありますが、この護岸は潮位が高くなると水没してしまいます。

中潮~大潮~中潮時の満潮付近では護岸より50~80cmぐらいの高さまで水位が上がります。ここまで上がると長靴では対応できませんので、ウエーダーが必要となります。

【フィッシュグリップ/ギャフ】
60cmのアカメはフィッシュグリップでランディングできました。たぶん80cmぐらいだったらフィッシュグリップでも対応できると思います。

ただ、メーターを超えるようなアカメではフィッシュグリップではちょっと厳しいかも知れません。

そのサイズになるとギャフじゃないと厳しいでしょう。
幸いにも浦戸湾は護岸に降りて釣りができますので、柄の短いハンドギャフで大丈夫です。
高知の釣具屋にはおそらくアカメを意識してか、このハンドギャフが普通に置いてあります。現地で購入しても構わないでしょう。


【ストリンガー/ロープ】
せっかく釣ったアカメ、写真をいっぱい撮りたいですよね?
単独釣行ならブツ持ち写真も難しいですが、ストリンガーさえあればキープしておけますんで、撮影してくれる人を待ったり、呼んだりする時間稼ぎの為にも準備しておきましょう!ロープでも構いませんよ。


【虫よけスプレー/防虫用品】
夏の浦戸湾の護岸(河川内)はけっこう蚊がいます・・・
せっかくの貴重な釣行時間に集中できなくなっちゃうんで、虫よけスプレーは必須です!

【心の準備(笑)】
桂浜水族館で実物のアカメを見て下さい。ここではメーター越えのアカメを見る事ができます!

60のアカメを釣った後に自分も見に行きましたが、その半端ない体高に「こりゃ普通のシーバスロッドじゃ無理だわ・・・」って感じました。

特に橋脚周りでの釣りで、「ショアジギングタックルぐらいが必要だ」と言われる理由がわかると思います。


釣道氏の対アカメタックル

このアカメシリーズの次回(part4)にて、具体的なタックルの選び方についてお話しするつもりですが、その前に今年自分が勝負するタックルを紹介しておきます。

どちらかと言うとストラクチャー狙いなタックルですが、ティップがけっこう柔軟なので、ミノーもそれなりに飛ばせそうですし、これで大場所もやるつもりでいます。

【ロッド】
MCワークス/ストレンジブルー913S
スペック→MAXウエイト:ジグ70g、プラグ50g ライン:PE2~3号
【リール】
シマノ/09ツインパワーSW 6000HG
【ライン】
PE2.5号、リーダー:ナノダックス50lb
【ルアー】
タックルハウス BKF115、BKS140(シンキング)
エクリプス ドリフトペンシル110
自分はリフト&フォールはオグルじゃなく、ドリフトペンシルを使います。
実績が高いタックルハウスBKF(フローティング)とBKS(シンキング)


こんな感じです。最近はジョイクロでアカメを狙うのも流行ってるみたいなんで、小場所ではジョイクロも使ってみるつもりです!


アカメエピソードvol.3

それでは3つ目のエピソードです。

漁港でアカメのアタックをサイトで目撃した翌年の冬の出来事。
12月も後半のすでに寒い時期のことです・・・

とある流入河川の橋脚でシーバスを狙っていました。
BlogPaint
(下手くそな・・・)図のように橋脚と橋脚の間にキャストし、流れに乗せて橋脚の明暗を通す釣りをしていましたが、1匹釣るとまったく反応がなくなったので、合間に護岸際を撃ったり、ルアーを変えたり、巻き速度を変えたりいろいろと試行錯誤・・・

で、いいかげんやりつくしたので最後に、橋脚の間の更に奥の奥にルアーを流し込んでやろうと、シンキングペンシルをリフト&フォールで奥に送り込む事に。

これ以上送り込んだら橋脚にラインが擦れるな・・・
と思った最後のフォールの時に“カツン”とした何かを感じました。

明らかな違和感に反射的に合わせを入れると、“ジリリリリッ”と合わせた分だけドラグが出るだけ・・・

動かないので「根掛かりかよ・・・」と思い、ロッドを立てて少し煽るといきなり“ゴンゴンゴンゴン”とすごい力で首振ってる!

この瞬間『なんかやばいのが掛かった』と判断し、橋脚の向こう側に行かれない様にドラグを締める。

結果的にこのドラグを締めた事が仇になり、首振りの後のファーストラン3秒でラインブレイク・・・

しばらく放心状態でした。(笑)

ラインは傷でもついていたのか、PE本線が切れてました・・・
この時のラインはPE1号に20lbのリーダーでしたがまさに瞬殺でして、間違いなくメーターを超えるようなアカメだったと思っています。

魚を見てもないのになぜアカメだとわかるのか?
それは60cmのアカメを釣った時に確信しました。

それまでは正直言って99%アカメだろうと思ってはいたものの、魚を見てない以上はなんの確証もなく、確実だと言う自信がありませんでした。

アカメだったと確信できたのは、その独特なバイトが同じだったからです。

アカメのバイトは“カツン”とか“カカン”とか、金属的で硬質な感じがします。
それが60cmのアカメとほぼ同じようなバイトの質だったからこそ確信する事ができました※ちなみに35cmでもバイトは金属的で、その瞬間にアカメだとわかりました。

初アカメはこの2年後の夏になります・・・


ブログ内関連記事リンクです。こちらもどーぞ!

【シーバス・アカメ】高知県浦戸湾へ行こう!
part1⇨浦戸湾の紹介
part2⇨準備物と河川の特徴
part3⇨シーズナルパターンの解説
part4⇨久万川編
part5⇨江の口川編
part6⇨鏡川編
part7⇨国分川編
part8⇨舟入川編
part9⇨下田川編
part10⇨浦戸湾本流編

次回に続く!




TOPへ戻る

トラックバック