BlogPaint
もっこく池編のpart2です。

香川県で無料でニジマスが釣れる『もっこく池』
前回はローカルルールや、もっこく池までのアクセスを記事にしました

前回記事→【香川でニジマス】もっこく池へ行こう!
※コンビニ位置を追記しています

今回はもっこく池でのタックルや、ニジマスの扱い方について紹介したいと思います。

もっこく池でのタックル


周りを見回すと、みなさん色んなタックルを流用しています。
四国(香川以外でも)では、ニジマス等のマス類は珍しく、専用タックルがそんなにメジャーではありませんので、もっこく池では他魚種で使用しているタックルを流用している人が多数となっています。

メバル・バス・アジング・・・この辺りの流用が多いと思いますが、ではどの程度のスペックのモノが適しているのでしょうか?

一般的な管理釣り場(エリアトラウト)の様に目の前を魚がうろついている釣り場ではありません。よって、ある程度遠投し、魚を引き寄せる事が求められます。

それであれば遠投を重視したそれなりの重量のルアーや、ルアーウエイトの上限値が高いタックルを選択したいところですが、かといって渋い時は本当に渋いのでシルエットが小さく、軽いルアーが有利になります。

“遠投性”を求めてのルアー・タックル選択か?
“食わせ”を求めてのルアー・タックル選択か?
悩ましいところです・・・

ちなみに自分は“食わせ”を重視したタックルを使用しています。
使用ルアーはスプーンなら1.8、2.6、3.5gの3種、ミノーは5gのモノを使用しています。

これらの軽いルアーをできるだけ遠投できるロッドという事で釣道の場合は『エリアトラウト専用タックル』を使用しています。
これなら1.8gスプーンでも15mくらいは飛ばせますので、なんとか対応可能な感じですね。

パームス エルア エゲリア エリアパフォーマンス ESGS-63UL
【楽天】パームス エルア エゲリア エリアパフォーマンス ESGS-63UL

ルアーウエイト0.8~3.5g、パリッと張りがあり、非常に使いやすいロッドです。個人的にアンリパファンなんで好んで使っております!
ちなみにこれでアジングも流用してますし、遊びの小物狙いのバスなんかもできちゃいますよ!
これに12レアニウムC2000Sを組み合わせています。

【シマノ】12 レアニウム CI4+ C2000S
【楽天】【シマノ】12 レアニウム CI4+ C2000S

バイトを取る事自体が難しい釣りなので、できればシルエットが小さい3g前後のスプーンが扱いやすいロッドがおすすめです。メバルロッドなら7ftを超えるモノが多いですし、遠投性も申し分ないでしょう!
バスロッドならできるだけライトなモノが良いと思います。

ただし、ニジマスという魚の特性上、メバルロッドではどうしても不利な部分がありまして、それは後々お伝えしたいと思います・・・。


ラインとルアー、その他の小物について

もっこく池は沖やボトムにストラクチャーが無く、ニジマス自体も遊泳性が高く、根に付く魚ではありませんので(掛けると沖や横に走ります)ラインは少々細くても大丈夫です。(この前ブレイクしましたが・・・)

目安は4lb~程度でしょうか?
軽いルアーを遠投する為にはもう少し細ラインを使いたいところですが、特に大型のオスは歯が鋭く、ルアーを飲まれてラインが歯に当たると細ラインでは切られてしまいます。

あと、ワニの様にぐるぐるとローリングもするので、上手く捌かないと体にラインが巻き付いてしまい、これもブレイクの原因となってしまいます。

このあたりは自己で無理のない範囲で判断して下さい。

自分はスプーンがメインです。ロデオクラフトの『ノア』というスプーンで統一しています。

ノア スプーン 1.8g <ロデオクラフト Rodiocraft>【メール便OK】
【楽天】ノア スプーン 1.8g <ロデオクラフト Rodiocraft>【メール便OK】

ノアB スプーン 2.6g <ロデオクラフト Rodiocraft>【メール便OK】
【楽天】ノアB スプーン 2.6g <ロデオクラフト Rodiocraft>【メール便OK】

ノアボス スプーン 3.5g <ロデオクラフト Rodiocraft> 【メール便OK】
【楽天】ノアボス スプーン 3.5g <ロデオクラフト Rodiocraft> 【メール便OK】

管理釣り場用のスプーンなので、止水のもっこく池では使いやすくていいです。ひらひらとスローに引けますよ。

渓流に対応したモノだと早めに巻かないといけないのと、動きがバタバタしますのでコレを愛用しています。

渓流向きのスプーンは水面が荒れている時や、風が強い時、早くフォールさせて手返し良く釣りをしたい時に使用しています。

あと必要なのはネット、これは魚体の為にもラバーネットが望ましいですね。

水温計も大事です。ニジマスの適正水温は8~13℃と言われていますので活性を知る目安として用意しておきましょう。


ニジマスの扱い方

ニジマスは非常に弱く、デリケートな魚です。
リリース前提である以上、丁寧に扱ってあげましょう!

管理釣り場では『リリーサー』といって、岸際で陸に上げずにフックを外す器具もあるくらいニジマスの扱いには慎重です。

もちろんそれを使わなくてもラバーネットで十分なのですが、やはり素早くリリースしてあげて欲しいと思います。

あと、冷水性の魚ですので素手で魚体に触るのは極力短めを心掛けましょう!人間の体温では火傷してしまいますので、それは可哀想ですよね・・・。

リリースする時は、十分にエラに水を送って蘇生させてからリリースしましょう。体が横になる様ではダメですよ!自力で泳げるまで回復させてからリリースしてあげましょう。

最後に・・・
このブログを見て、もっこく池に行ってみようと思ってもらえた方・・・
無理にとは言いません。
できればで結構です。帰る時に、ほんの少しだけゴミを持ち帰ってもらえませんでしょうか?

釣り禁止が解除されてまだ1か月もたってないのに、やっぱりタバコの吸い殻とかが捨ててあります。これからバスもスポーニングの為にショアラインをウロウロしだせば、バス用ルアーのパッケージとかもゴミとして捨てられるかも知れません・・・

もちろん、ゴミが釣り禁止の原因だったという根拠はありませんが、キレイにしておくに越したことはありません。
ほんの少しで結構です。ご協力をお願い致します。
※自分も少しですが、ゴミを拾って帰っています

次回は攻略編です





TOPへ戻る

トラックバック