nina-p4
画像:MCワークスHPより


こんばんわ (*・ω・)ノ

MCワークスのインプレもこれで一応最後です。
最後はメインで使っている『レイジングブル100XF-1』を簡潔にわかりやすくお伝えしたいと思います。


前回記事:レイジングブル100XR-1/ストレンジブルー973R
【タックルインプレ】レイジングブル100XR-1/ストレンジブルー973R

前々回記事:ワイルドブレーカー96R
【タックルインプレ】MCワークスワイルドブレーカー96R

最初の記事:ワイルドブレーカー106R
【タックルインプレ】MCワークスワイルドブレーカー106R

一応、今までのMCワークス歴をまとめると・・・

・ワイルドブレーカー96R
・レイジングブル100XRー1
・ストレンジブルー973R
・ワイルドブレーカー106R(所有中)
・レイジングブル100XFー1(所有中)

この5機種です。(上から3番目までは現在は所有していません)

それでは『レイジングブル100XF-1』のインプレをどうぞ!


レイジングブル100XF-1/Volcanik island special 

ワイルドブレーカー96Rよりパワーがあり、「トップウォータープラグが使いやすいであろうロッド」という事でどうせならとカスタムを発注、タイミングが良かったのか悪かったのか・・・?
わずか8か月ぐらいで納品されました。

スペックは長さ10ft、パワークラス6、ルアーウエイト40~120g、ラインPE4~5号
近海ショアで狙えるクラスなら、このロッドで十分に対応できます。

ロッド重量は350g

IMG_1169

シマノ6000番台ではリールも小さく、重量も軽いのでバランスが取れません!めちゃくちゃ先重りするので8000番台がベストでしょう。
そもそも6000番台ではPE4号以上は巻き取り量が少ないですしね・・・

実際に振った感じはブランク自体はしっかりしていますが、ティップはダイビングペンシル仕様という事もあり、XR-1よりやや柔軟な感じです。

使うルアーにもよりますが、操作性・特に初動のダイビングはイメージ通りにダイブさせれるかと思います。
ただ、ぶっちゃけて言うと106Rの方がやりやすいですけどね・・・

ルアーウエイト40~120gとありますが、キャストは40g台のルアー(ローデッド140、ブリットペンシル等)はちょっと物足りません。
60~90gぐらいが一番気持ちよくキャストできます!

ロッド自体のパワーは十分にあり、60~70cmぐらいのハマチサイズなら相手になりません。ほぼ瞬殺です(笑)

ある程度しっかりしたロッドで、少しでも体力的な負担が少ないモノという事なら、このロッドがちょうどいいと思います。
プラッキングメインの方はぜひ検討してみて下さい。

PS.実はフィネス用兼、アカメ用としてストレンジブルー913Sのカスタムを発注してます (* ̄∇ ̄*)
あと1年以内には手元に来ると思いますのでいつかインプレしたいと思います!




TOPへ戻る

トラックバック