どーもです。

前回は『初心者はルアーメーカーを絞ろう』というお話しでした。

なんでもかんでも手を出すより、どこで何やってもなんとかできる実力が
つくまでは、メーカーを絞って一つのルアーを探求しましょうという内容でした。

前回記事→初心者入門!ルアーはメーカーを絞るべし

今回はルアーのカラーについて考察してみます。


ベストなルアーカラーの選び方

さてさて、メーカーも選んで「さぁルアー買うぞ!」ってなって買いに行きます。

で、次に悩むのはカラー選択なんですよね・・・

〇〇プロのプロデュースカラー、〇〇限定カラー、〇〇湖爆釣モデルetc...

もうアホかと・・・
これは完全に釣り人を釣るための戦略です(笑)

はっきり言います。個人的意見ですが、異論も論破できます。
カラーは


自分の好きな色でよし!



〇〇限定、〇〇湖爆釣モデル?
それ魚にアンケートでもとったの???

〇〇プロがプロデュースって、じゃあ〇〇プロさん・・・
魚と話せるの???

こういうコトです。
魚の気持ちがわかる人間はいないでしょ?なぜそのルアーに食いついたのか、その本当の理由は人間にはわからないんじゃないでしょうーか?

人間の判断で、魚側に人気があるカラーを決めるのは変な話しです。



自己流トップウォーター系ルアーの選び方

自分の場合、雷魚や青物・バスとかもですが、トップウォーター系はすべて目視のし易さで選んでます。

ピンク・オレンジ・赤・白・黄色・・・だって見えた方が操作もし易いし、面白いじゃないですか!

ルアーの位置が常に把握できればバイトが確認しやすくなり、視覚的に楽しめます。てゆーか、それこそがトップの楽しさですから・・・



自己流アンダーウォーター系ルアーの選び方

シーバスやトラウト・バス・メバルなんかで使う、ミノーとかのプラグ系も目視を重視しています。
赤金とか、クリアとかキャンディカラーが多いですね。

これも、見やすいカラーなら、ナイトゲームでも立ち位置や光量によっては10m先ぐらいの泳いでいるルアーが見えます。ルアーの位置がわかりやすいんで、「ここだ」っていう場所があれば、そこでステイとか、ジャークとかしやすいんです。

あと、泳いでたルアーが消えます!(笑)
消えたってことはそれはバイトなので、体で感じるよりも早くバイトを察知できるというメリットもあります。※もちろんバイトの瞬間は魚体も見えますよ



とりあえずならこの3種のカラーでOK

とは言うものの、目視を重視した選択だけでは不安だという方もいると思います。その場合は今まで紹介したすべての魚種共通でOKですので、
とりあえずの目安として、クリア系・グロー系・ナチュラル系と3種で揃えてみるのもアリでしょうか?だいたいのカラーは下記に分類されると思います。

【クリア系】
以外にも常夜灯の下とかなら、プラグ類はかなり目視し易いです。逆に光がないとこなら見えにくくなります。アジングワームならデイで反応が良いです。

【グロー系】
濁りが入った時に有効です。グローというと蛍光の派手なカラーという認識が一般的ですが、釣道がおすすめする「目視を重視したカラー」で代替できますよ。

【ナチュラル系】
ベイトに似せたカラーです。なんとなくこれが一番釣れそうな感じがしますけど、いかんせん見にくいです。

自分はルアーの背部分だけがピンクやオレンジのルアーを好んで使います。そんなルアーは、背以外はアルミ貼とかなので、魚側からすればナチュラル系なんですかね?こういうルアーだとグロー系とナチュラル系を兼用できるんでお得だと思いますよ。



実はカラーパターンも存在する

今までと矛盾するコトで申し訳ないのですが、目視しやすいカラーだけじゃ釣果に影響する魚種があります。

自分の認識ではまずアジング、光量によって使い分けが必須です。
ワームを『明』ならクリア系、『暗』ならちょっと色やラメが入ったもの、

ニジマスでも管理釣り場ならカラーチェンジでスレ防止しますし、以前は雷魚でも黒のフロッグにしか反応しないパターンも経験したことがあります。

おそらく、光量が深く関係していると思いますが、最終的に魚の気持ちは人間にはわからないのでそこは経験を積み、臨機応援に対応しましょう。(笑)


まとめ

最初は迷うくらいなら好きなカラーでOKです。前回記事でも書いたとおり、好きなカラー(ルアー)を使い通して、そのルアー・カラーに自信を持ちましょう。

自分も中学時代のワームは赤か白オンリーでした。今も基本は「自分が目視し易い」というだけでルアーカラーを選んでいます。

それでも釣り場で、隣のアングラーに釣り負けてる感は感じません・・・
魚側からすれば、シルエットの大きさや光量や、濁りによる視認性、ルアーの動きで判断しているんじゃないでしょーか?

大事なのはルアーを適切に操作し、魚の捕食範囲にルアーを通してやる事!

以上、個人的ルアーカラー考察でした。






TOPへ戻る

トラックバック