どーも、こんばんわです (*・ω・)ノ
ルアー釣りの世界って初心者(入門者)からすれば、入口がとっつき
にくくて、すごく入りにくそうに思えます。

専門用語も和製英語みたいなのが多く、道具も「なに買えばいいの?」
みたいな感じですよね。
経験者からアドバイスをもらいながらならともかく、未経験者が一人で道具
を揃えるのは大変な上、失敗してお金をムダにしちゃうコトが
多いんじゃないでしょーか?

そんな失敗をしない為にも、
「これからルアーを始めよう」「新しい魚種に挑戦してみよう」っていう
方たちのために、釣道流の「最初のタックルの選び方」を
ご紹介いたします。


まずは安物を買おう

雑誌を見たり、ネットで調べたりすると、いろんな『おすすめタックル』が
でてきますよね。

でもちょっと待ってください!
そういうメディアのおすすめタックルはほとんど魚じゃなく、人間を釣るため
の広告です。

「食い気のない甘噛みバイトも感じ取れる繊細なブランク」だとか、

「ストレスを感じない滑らかな回転性能」だとか

そんなのに惑わされてはいけません!(笑)
まずはチェーン店に行き、くっそやっすいタックルを買いましょう。
※ネットショップでもいいんですけど、できれば自分で触ったほうが良いです

なぜなら釣りはほとんど「場所で決まる」からです。←これ大事
例をあげると、プロスポーツ選手と素人では実力の差は歴然です。
プロのサッカー選手に勝てるサッカー未経験者はまずいません。
では釣りの世界はどうでしょうか?

いろんなスポーツや格闘技の世界に比べて、プロとアマチュアの差が
あんまりないのが釣りの世界です。
なぜなら釣りの場合は自然が相手のため、プロでも思うようにいかない時
があるからです。

極端な話し、最高のタックルを所持したプロと呼ばれる釣り人でも
魚が居ないと釣れません。
ド素人でもルアーをとりあえずキャストでき、そこに魚が居ればプロに勝て
るんです。

でも最終的にはタックルにはこだわってください。
高級タックルを所有すれば所有欲が満たされ、優越感が持て、
道具を大事に扱う様になるはずです。(ただの自己満足ですけど・・・)
そうなれば、釣り自体も丁寧な釣りになり、上達につながると思います。

少し話しがそれましたが、まずは安物を買いましょう。
で、その安物じゃ不満が出てくる時が必ずきます。

「もうちょっと長いロッドが良かった」

「ハイギアのリールの方が楽そう」

そこそこのタックルを買うのはこう思ってからで十分です
その時に自分の好きなメーカーや、使いやすいスペックのタックルに買い
替えましょう。今のタックルの品質はすばらしいです
1万円も半ばくらいのロッドやリールなら、今までのタックルとの差を十分
感じれるでしょう。



タックル購入の基準

では具体的にどういうスペックのモノを買えばいいのか?

【ロッド】
・バス 6ft半前後でスピニングならL(ライトアクション)、
     ベイトならML(ミディアムライト)
・アジ 6ft半前後、掛けタイプ・チューブラーティップのもの
・シーバス 9ft前後、ルアーウエイト7~28gぐらいのもの
・青物 10ft前後のショアジギング用ロッド、対象魚と釣り場で選択
   ①堤防でサゴシやハマチくらいまでならMAXルアーウエイト60g前後
   ②地磯なら100gは欲しいところ
※メバルや管理釣り場ならアジングタックルで流用可能

【リール】
・バス スピニングはナイロン1.5号(6lb)が100m巻けるもの
     ベイトはナイロン3号(12lb)が100m巻けるもの
・アジ バスのスピニングで流用可能(ラインはもう少し細い方が良い)
・シーバス PE1号が150m以上巻けるもの
・青物 MAXウエイト60g、PE2号が200m巻けるもの
     MAXウエイト100g、PE3号が200m以上巻けるもの

これはほんとに簡単で雑な基準ですが、だいたいこれくらいを目安に
選択すれば大きく失敗しないとは思います。

ロッドもリールも、価格はバスやアジング用なら3000円くらいから
ありますし、シーバスや青物用でも5000~7000円くらいで十分です
更に節約するなら、バス用に少し大きめのリールを買えば
シーバスにも流用できます。
シーバスで大き目ならライトな青物に使えます
まずはこれくらいのスペックを使い、使用場所・狙いの魚種・自分の体格等
に合わせて、本命のタックルを購入すればいいでしょう。

ちなみにラインはちゃんとしたものを購入することをおすすめします。
ナイロンで300mで1000円以下とかはやめた方がいいです。
安いラインはトラブルが多く、釣りが中断・もしくは続行不可能に
なっちゃったりします。
有名メーカーでナイロンなら100mで1000円前後のものなら間違いない
でしょう。

ルアー・装備・小物もメーカーにこだわる必要はありません。
魚が居れば釣れるんですから・・・ 




まとめ

①安物を買う

②安物を基準に本命のスペックを選ぶ

③ラインはケチらない

④ルアーと小物は無名でもOK


今回の記事は本当に大雑把な基準です。
後々は魚種別の入門編も記事にしますので、その時にはもう少し掘り下げ
た基準をお伝えできるかと思います。

自分の場合、高級タックル志向なので最初は随分と損をしました。
それも一つの「趣(おもむき)」かとは思うんですけど、やっぱりもったいな
いなぁという気持ちがあります。

タックルは高級でも、何も考えずにただ沖に向かってキャストしてるだけの
釣り人よりは、安物タックルでも検証しながら釣りをする人の方が、
格段に上達しますんで、まずは安物タックルから始めてみましょう。





TOPへ戻る

トラックバック