まいどです!

週末土曜日はご出勤⤵(その代わり火曜に休日♪)
日曜は雷魚巡りの予定でしたが、子供の調子が悪くて釣りに行く雰囲気じゃありませんでした・・・(涙)
なので今週は釣行記がありません💦

というコトで、タックルインプレでお茶を濁す事に致しましょう(笑)



磯でのショアジギングに必須装備であるスパイクシューズ。
皆さんけっこういいヤツを履かれている人が多いみたいですが、自分の場合はシューズにあんまりお金をかけない派です。

かと言って安全装備を軽んじてる訳ではなく、必要最低限の機能があれば十分という考えです。

「買い替えればいい」という前提で、安価な物を“履きつぶすまで履く”というスタイルですかね?


ネットで物色すると、『PROX(プロックス)コモドールスパイクシューズ』『X'SELL(エクセル)スパイクシューズ 』が安価な磯用スパイクとしてよく見かけます。
IMG_0982
『PROX(プロックス)コモドールスパイクシューズ(写真右側)』がだいたい6000円前後、『X'SELL(エクセル)スパイクシューズ(写真左側) 』が5000円弱程度。

IMG_0989
※上の写真と位置が左右逆になってしまいました💦

この安価な磯用スパイクの品質がどの程度なのか?
どちらの方が使い勝手やコストパフォーマンスに優れているのか?
ちょっと比較しながらインプレをしてみます♪



まずは『PROX(プロックス)コモドールスパイクシューズ』
IMG_0987
ハイカットタイプで重量感もあり、丈夫な造りです。
しかし靴紐がかなり長めなのであんまり好みじゃありません💦

そしてココ
IMG_0988
力を入れて靴紐を縛ると1発で折れてしまいました・・・
なので靴紐を結ぶ時にけっこう気を使います...

使用6~7回程のピンの状態
IMG_0990
ピンの折れ等もなく、まだまだ使える状態ですね。

履き心地は重厚感(厚み)がある分、足場の悪い箇所でも安定感はあります。足裏の疲れや痛みにも強いスパイクであると言えるでしょう。

欠点は靴紐がほどけやすい事と靴内部の水はけが悪い事。
磯で潮に浸かってしまった場合、このスパイクでは内部が“ぐちゅぐちゅ”になります。水が内部に溜まってしまう状態ですね・・・

これはかなり不快なんで、磯の低場でやる時や荒れた状態の時は気を付けた方がいいかも?


次に『X'SELL(エクセル)スパイクシューズ 』
IMG_0984

今は「ブラック×レッド」モデルが無いのかな?
カラーが変わってますね。

コレのいいところは靴紐がほどけにくい事、それに加えて靴紐の結び目部分をベルトで覆えるのでフィット感がなかなか良いです♪

コチラもハイカットですが、サイドにジッパーがついてますので脱ぎやすいです。
IMG_0983

しかしながら『PROX(プロックス)コモドールスパイクシューズ』に比べると硬い磯の上では足裏が痛くなるのが少々早いかな?とは思います。
ホールド感はしっかりありますが、重厚感や安定性は少し劣る感じですね。

ただ、『X'SELL(エクセル)スパイクシューズ 』の場合は通気性と水の排水性が高く、潮に浸かって内部が濡れても不快感はそれほど感じません。

耐久性も安価なスパイクとしては十分かと思われます。
IMG_0985
2シーズン半も使うとさすがにピンはこんな状態になりますが、水はけを含む履き心地が良いんでこちらをメインで使ってました!


磯がゴツゴツしている足場で潮を被らないのであれば『PROX(プロックス)コモドールスパイクシューズ』

履き心地を重視するなら『X'SELL(エクセル)スパイクシューズ 』


ちなみに厚手の防水ソックスと組み合わせるのならワンサイズ上を選びましょう!

ではでは・・・


【ご案内】
ハンドメイド・インディーズ・オリジナル用品【shorelabo-store】
↓↓↓ショップへはこの画像をクリック!↓↓↓
IMG_0204
ハンドメイド品の取引ビルダー様を随時募集しております。
取り扱い申し込み・各種問い合わせはコチラまでお願い致します
mailアドレス⇨mail@shorelabo-store.info
※メールにはお名前・連絡先を記載して下さい


【ブログの更新はこちらから!】
↓↓↓Twitterをフォロー↓↓↓

↓↓↓Facebookページからチェック↓↓↓

↓↓↓LINEで更新通知↓↓↓

TOPへ戻る

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック