gatag-00004262
隅田川の『釣り禁看板』が話題になっている。

いろいろネットを見てると、どうやら数か所の「橋」付近のテラス・遊歩道に“投げ釣り禁止”の看板が設置された模様。

看板には“投げ釣り”とありますが、どうやらその“投げ釣り”はルアーフィッシングの事を指しており、その原因はどうもシーバスアングラーらしい...

6pj2zw5u5sc6s2fm2cjd_480_360-249e5dc2
画像:http://www.fimosw.com/u/editor/k3hfe1yifvfnpr

橋脚狙いでキャスト


キャストミスで橋の上(歩道)にルアー

歩行者危ない

まあ、ねぇ...
必然的にそうなるでしょう。


『東京湾奥のポイントが釣り禁止』
これって業界にとってもけっこう重大な問題かと思われますが、それに対しメーカー(メディア)は専用ルアーやDVD・雑誌等で、都市型河川のシーバスゲームを散々煽ってきた割にはこの件についてまるで無関心に思える。

一方、アングラー側も責任は煽ってきたメーカー側にありとの意見が目立つ・・・


特に巷では、都市型河川のシーバスゲームを引っ張ってきた「湾奥のカリ〇マ」や、「湾奥のプリ〇ス」とか言われてるお二方が戦犯だという意見が多いみたいですが、そこだけを責めるのもちょっと違う様な気がする・・・

いくらメーカーが一般アングラーを煽ってきたとしても、結局はそれに踊らされ、キャスト技術もマナーも身につけないまま釣りを続けちゃった一般アングラーの責任もあるでしょう。

だからアングラー側が一方的にメーカーやメディアプロだけを責めてるのを見ると、只の責任転嫁に思えてしまう・・・。
責任は100対0じゃないでしょう。
我々一般アングラー側もこれはきちんと自覚するべき。




とは言え、メーカー側も何らかの対応や対策を講じないとダメですね。
自分が知る限り、有名シーバスメディアプロ達が誰一人としてこの問題に対して公式に意見を述べていないのもどうかと思いますし・・・

この流れ、バスの時の教訓がまったく活かされてませんね。


【ご案内】
 ↓↓↓世界最大の釣り用品専門ネットショップ↓↓↓
アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】
 ↓↓↓『釣りビジョン』ならスカパーで!!↓↓↓
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

【ブログの更新はこちらから!】
↓↓↓Twitterをフォロー↓↓↓

↓↓↓Facebookページからチェック↓↓↓

↓↓↓LINEで更新通知↓↓↓

TOPへ戻る

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック