まいどです。

主に遠征でのショア青物釣行時、順番待ち等で車内で過ごす事が多々あります。
しかし自分は車では“まったく寝れない性質”でして、いつも一睡もしてない状態で“ショアジギングタックル”を振り回しておりました・・・

若い人ならまだしも、自分くらいの年齢にはこれは本当にキツくて釣りが終わったらグロッキー状態!(笑)

結局は帰りの道中で数時間寝ないといけなくなり、貴重な休日の時間を無駄にしてしまっていたんですね・・・
(´;ω;`)

しかし、車の窓をアルミシートで完全に覆い、車内にメタルラックを取り付けて整理整頓し、多少の段差はあるもののシートをフラットにして『シュラフ』を使えば意外と寝れる事がわかりました。

要は「車内を完全にプライベート空間にすれば、寝つきが悪い人間でも寝れるようになる」という事です。

『きちんと睡眠をとる』
このおかげで体力的にも釣りに集中できますし、佐田岬遠征の帰宅時でもSAで仮眠をとらずに早く帰宅できるようになりました♪


そこで前々から少しは頭の片隅にあったものの、めんどくさくて行動に移せなかった計画を実行する事に・・・。

それは釣り遠征時、車内を寛げる快適空間にしてしまう事。
そう、『マイカー(軽箱バン)のキャンピングカー計画!』

もちろん素人のDIYなのでギャレー(簡易なキッチン設備)などは難しくてこのタイミングではできませんが、とりあえずはベッドを作ってしまおうかと・・・?

イメージはこんなの。
01
画像:http://choi-cam.com/photo/yutaka.html#img_y/01.jpg

軽自動車ベースなので手狭ですが、まるで“カプセルホテルのような空間”
こういうのを目指します♪
ソロキャンプにも憧れますしね!


で、実際の仕様(レイアウト)ですが・・・
軽箱バンのキャンピングカーは上の写真の様に、ほぼ全面にマットが敷かれ、『フロア=ベッド』というスタイルが一般的みたいです。

しかし自分は全面マットというのがどうにも違和感を感じてしまうので、車内で座れるソファーベッド+机のスタイルで製作する事にします。
※フロアのスペースが欲しいんです(笑)


まずはベッド製作。
ホームセンターで必要な材料を調達します。
ネットで検索すると「イレクターパイプ」という製品を使ってベッドの土台を組んでる方が多いようですが、これを使うと土台だけでけっこうな金額になってしまいます。

なので自分はオール「木材」で製作する事にしました。
IMG_0327
SPF材は軽くてgood!
サイズは写真のサイズ4本と厚さが倍の38mmのものを2本購入。
他は10mm厚のベニヤ板1枚と切り売りで薄いカーペットをベッドサイズ分購入しました。


ベッドの足は建築資材?の『ゆかづか』というものを使用します。
IMG_0324

『ゆかづか』を利用するには理由がありまして、これは製品サイズ(5種類ほどのサイズあり)によって高さが調整できます。(それぞれ伸縮幅が違います)
ベッド設置時の車内の段差調整も、この『ゆかづか』ならカンタンに行えるからです。

ちなみに後部シートは撤去しません。
ベッドを設置するからには後部シートの片側はどうしても死んでしまいますが、最低3人は乗車できるようにしたいのが1点・・・
※後部座席1人分はすぐに展開できるようにする必要があります

そして最大の理由が車検証そのままの4人乗車定員の車でシートを撤去してしまうと整備不良扱いになります。

なので今回はシートを撤去せずに残し、倒した状態でそれによってできる段差をまたぐ(被せる)形でベッドを設置するのに、高さ調整が容易な『ゆかづか』が最も効果的だと判断したからです。
BlogPaint


まずは木材を測った寸法にカットし・・・
IMG_0331

切り口はダイソーで購入した『スポンジサンダー』で綺麗にします
IMG_0323

SPF材、厚さ38mmをメインの支え(縦の土台)として19mmを横に補助で組み、『ゆかづか』を取り付けます。
BlogPaint
取り付けはすべて『木ネジ』を打ち込んだだけです。

これを車内に置いてみると・・・
BlogPaint
手前(リア側)2本は『ゆかづかYS-1827』、奥(フロント側)に『ゆかづかYS-2438』を2本合わせました。

ベッド幅はイメージしたレイアウトで限界の620mm、幅450mmのスライド式の収納ボックスがベッド下にぴったり入ります♪


IMG_0326
これはフロント側の『ゆかづか』
シートを倒してもわずかにできるスペースに設置し、リア側の『ゆかづか』と高さを合わせて床に対してベッドを平行にしました。
※くるくる回して高さを調節できます

そして車内の左側の内装の“R”と右側のベッド際に沿ってベニヤ板をカット、カットしたベニヤ板に薄いカーペットをダイソーで購入した『タッカー』(大きいホッチキスの様なもの)で打ち付け。

さらに余ったベニヤをカット、艶出しのスプレー缶で塗装し、それをベッドの装飾にしました。
BlogPaint
どうです?いい感じでしょ?(笑)

この装飾の板の下部をスライド式収納ボックスの上部ギリギリの高さに合わせました。ですので収納ボックス自体が装飾の板に引っかかり、ボックス本体が車からずり落ちないようになっています。

で、カーペットを張り付けたベニヤ板を置くと・・・
IMG_0419
素人にしちゃあ、なかなかのクオリティー♪
サイズは縦180cm・横62cm、狭いようですがこれでもちゃんと寝れますよ~

という事でこれでベッドは完成!!長くなっちゃいましたのでとりあえずここまで・・・
続きは次回更新で!



【ご案内】
 ↓↓↓世界最大の釣り用品専門ネットショップ↓↓↓
アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】
 ↓↓↓『釣りビジョン』ならスカパーで!!↓↓↓
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

【ブログの更新はこちらから!】
↓↓↓Twitterをフォロー↓↓↓

↓↓↓Facebookページからチェック↓↓↓

↓↓↓LINEで更新通知↓↓↓

TOPへ戻る

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. RJ
    • 2017年01月26日 22:51
    • 第二弾でするのかもしれませんが・・・
      案外駐車スペースが微妙な坂になってるのでマットは敷いた方がいいのかなと思います
      僕はマットと頭の向きで調整しています
      快眠するための一番のおススメはお気に入りの枕を持ち込むことです
      お気に入りのコを見つけてください(笑)
    • 2. 釣道
    • 2017年01月26日 23:20
    • そこまでしないと寝れないのはお互いにツライですよねぇ...
      シート倒しただけで爆睡できる人が羨ましい・・・
      マットと枕、それは対策済みです♪
    • 3. アル中エソ吉
    • 2017年01月27日 23:36
    • 釣道さん、アルコールの力を借りれば、いつでもどこでも20秒で爆睡できますよ♪
    • 4. 釣道
    • 2017年01月27日 23:43
    • ワタクシ、まったく飲めないんですよ...(ーー;)
      アルコールアレルギーです(笑)
      そんなハンドルネームでしたっけ?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック