どうもです!
昔、バスのオールドスタイル時に特に強く感じていた事・・・
※インディーズやオールドのトップウォーターです

オールドタックルやインディーズルアーに合うタックルボックスが少ないという事。

まあ、あるにはあるんですよ・・・
例えばコレ
20150604_638508
画像:http://slowtaper.jugem.jp/?eid=2847

とかコレ?
IMGP3298
画像:http://sawamura777.com/parts16.html

バスのオールドスタイルや渓流ミノー、雷魚でもリールはオールドABUを使ってる・・・
そんなノスタルジーな釣りにはこういう“アルミ製のタックルボックス”が良く似合うんですね!
ただ、逆を言うとこういうのしか似合わないという事でもあるワケです。

しかしこの“アルミ製タックルボックス”・・・
『アムコ』などの海外オールド製品もそうですが、タマ数が少なくて値段が高い!
なによりサイズの規格ラインナップが乏しいんですね~

だいたいあるのはメインとして保管用やボート釣りにも使える大きいサイズが大半です。

もちろんランガン・おかっぱりでも使えるようにショルダーが付属されてたりするんですが、コレを持って釣りをするのは結構かさばるし重い・・・
特に渓流釣りなんかではちょっと大きすぎるんですね・・・
かと言って普通の「MEIHO」とかのプラケースでは違和感が...(笑)


そこで10月末に発表させて頂いた『shorelabo-store』プロジェクト
その立ち上げ時のアイテムの一つとして、“アルミ製のお洒落なボックス”を企画・販売する計画を練りました!

コンセプトは“ちょっとしたランガン時に重宝するお洒落なアルミ製ボックス”

お気に入りの数個のルアーを持ち運べるサイズで、片手で持って移動できるぐらい軽量である事。
ウエストバッグにすっぽり入るサイズである事。

オールド・ノスタルジーなスタイルに良く似合い、おかっぱりにちょうどいい小型のボックス

そんなありそうでなかった小型ボックスを製品化する事にしました。
とはいえ、この企画を実現するためにはいろいろな問題があります・・・

まずこの製品を製造してくれる委託先(OEM)を探さなければいけないのと、この製品が商品として販売できる金額で製作可能なのか?という事。

ここをクリアしないと次のステップには進めません・・・


そしてリサーチを開始!
“アルミ製小型タックルボックス”の製作委託先企業を探す日々が始まりました・・・

続く!
(^O^)/


【ご案内】
 ↓↓↓世界最大の釣り用品専門ネットショップ↓↓↓
アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】
 ↓↓↓『釣りビジョン』ならスカパーで!!↓↓↓
今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

【ブログの更新はこちらから!】
↓↓↓Twitterをフォロー↓↓↓

↓↓↓Facebookページからチェック↓↓↓

↓↓↓LINEで更新通知↓↓↓

TOPへ戻る

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック